父の日

生産者のお便りとお知らせ

お米の在庫につきまして

昨年収穫した分、2021年産のお米の在庫のご連絡です

皆様いつもありがとうございます。 昨年のお米もいよいよ残りわずかとなってきたというか、在庫が切れてしまったお米がほとんどになってしまいました。 おかげ様でたくさんの方に食べていただけたのかなと思っております。

昨年もこれくらいの時期に全てのお米が売り切れてしまって、心苦しい思いでした。 2021年のお米は例年並みに収穫量があったので(2020年は例年の7割ほどの収量だったので、すぐにお米が無くなりました)もうちょっと在庫が保つかなと思っていたのですが、やはりこの時期となってしまっております。 年中在庫を保てず申し訳なく思います。 お米の販売再開は2022年、今年の新米が収穫できてからになりますので、2022年10月から11月ごろになります。ご了承いただけましたら幸いです。

こちらの写真は昨年の収穫後のお米倉庫というか、保管室の様子です。部屋パンパンにお米を入れていて、床が凹んでいます。全て籾での保存となっています。

こちら、隣の部屋ですが、現在(10日前)の様子です。 この部屋も上の写真同様パンパンにお米で埋まっていたのですが、もうすっかり畳が見えます。この写真からもうすでにさらにお米が減っています。

こうしてたくさんの方に買っていただけるようになり、本当にありがたく思っております。もうちょっと販売を増やせるように、つまり、栽培面積や収穫量を増やせるように頑張った方がいいのかなとも思うのですが、体力的・作業的には今の面積がかなり限界とも思っております。

というのも、今は4町2反ある田んぼのうち、3町5反をハザ掛け天日干しで収穫しております。これは10月のまるまる1ヶ月を稲刈り・ハザ掛けに用します。しかもかなりの方にお手伝いをお願いして! 昨年は近所の方のご好意もあり、初めてコンバインでの収穫もお願いいたしました。これはもちろん委託料がかかります。そしてこちらは販売用にはしておりません。上納と言って田んぼを貸してくれている地主さんへのお返しや、お手伝いいただいた方へのお礼として使ったり、自分たちもこのコンバイン米をいただいております。ハザ掛け天日干しのお米はお客様優先にしてきたところです。

とはいえ、実は今年も田んぼ、増えてきています笑 辞める方が多いのです。この地域で新しく田んぼを増やせる担い手は、実際今、全くいません。私たちがどれだけ頑張れるかにかかっているところがあります。 正直、自前でコンバインを導入することもこの先は考えなければいけません。 今年増えた田んぼの分やハザ掛けできない分は、また今年もご近所さんに収穫をお願いすることにしたいと思います。コンバインで収穫したお米の割合も増えたら、こちらも販売することを考えなければと思います。

そんな中、まだ在庫が豊富にあるお米もあります。 我が家の救世主とも言えると思います。ハッピーヒルというお米です。 こちらも頑張って育てているお米です。 ぜひご注文いただけたらうれしいです!

山桜、今本当に綺麗です。 山を見るたびに春を感じています。 山肌にぽつぽつと咲いています。 多分真下で見たら大きな山桜なんだと思いますが、こうして遠くから見るととても可愛いです。 鹿児島はすぐに暑くなるので、短い春を楽しみたいと思います。

かえるすたいる鹿児島県(米)

私たちは生き物がたくさん生きられる田んぼを目指して、日々田んぼに向かっています。 その田んぼで育つ自慢のお米は、無肥料・無農薬、乾燥はハザかけ天日干し、タネは自家採種したものを使用し、稲の力を最大限に引き出すよう細やかな手作業で大切に大切に育ててきました。 鹿児島の太陽を浴びて、大隅半島の綺麗な水で育った自慢のお米を皆さまの食卓へお届けします。

父の日