無添加・無農薬こだわり生産者直売のオーガニックモール
Deai orchardの果樹と暮らすと
アラフォー 果樹園を手伝い始めました。
2020/06/29

ブルーベリー畑のカッパ

ブルーベリー畑には池があります。
もともとは棚田だったので、そのために作られた池です。
ここには色々な動物が来ている様です。
今朝は、こんな物が池の周りに散乱していました。

一瞬何かよく分からずゾワっとする見た目です。
妹は、す〜んと涼しい顔で先へ進んで行きます。
気づいてないのかしらと思い、「これなに!」
私は妹に得体の知れない物を指さしました。
「うわっ!」全然気がついてなかったんですね、そのリアクション・・・。
どうやら池の中に生えてる植物の根っこの様です。
二人で、まじまじと食べ散らかされているいくつもの根っこを見始めました。
「うわっ!」さらに妹が叫びます。
「みてーっ!でーっかい!」
妹の目線の先を辿ると・・・。
ウシガエルです。

幼い頃、夜になると聞こえるウシガエルの声が怖くて、
けれど、よもやそれがカエルだとは思っておりませんでしたから、
「お母ちゃんコレ、何の声?」と尋ねると
母は、「カッパや。」
私「!・・・」
それ以来、幼い私は池には怖くて近づけなくなったのは言うまでもありません。
池から、母の言うところのカッパがヌソッと顔を出していたのです。
「気持ちわる〜!」「メチャでっかいやん!」「うわ〜!」「この模様何〜!?」
思えば、ただ空を見ていただけのウシガエルに二人で散々な言い様です。
その姿はよく言えば「我関せず」で堂々としていて、
全身の色は、もはやアートです。ななかなかの上級者の色のチョイスです。
それにこの顔は、いろいろモノを考えていそうです。
そうしてやはりその名の通り、随分と大きい。

「カッパ・・・。」
ひょっとしたら、これは昼間の仮の姿なのかしら。
一瞬ですが、頭に中でそんなことがよぎってしまいました。

で、先程の池の中の植物を抜いて根っこを食べていたのは鹿ではないかと父が言っていました。

Deai orchard奈良県(果樹園)

無農薬で20年以上ブルーベリーを作り続けているDeai orchardです。中でも人気なのがブルーベリージャムです。ジャムにするため研究し続けたタイミングで収穫した果実を使用し、自社の製法でお砂糖の量を少なくして完熟果実の甘みと香りを引き出しています。もちろん添加物は使用していません。お客様のくらしにそんな手間暇を贅沢に作ったジャムをぜひお届けできたらと日々励んでおります。