クリスマス特集2022
BIG FAMILY FARMのお知らせ
2021/11/27

生姜の保存方法

生姜の保存方法

寒くなってきたので、生姜の冬越しについて書いてみます。

生姜は寒さが苦手で、寒い部屋に置いておくと、白いカビが出て悪くなっていきます。

でも、畑に放った生姜が春までキレイなままだったのを見た時は、不思議でした。

土の上は温かいのでしょうか??

堀りたての生姜はとても香りがいいです。

特に、肥料に頼らず自然に育った自然農の生姜は香りが強いようです。

一かけの生姜を、少し使って保存したい時は、水につけてキッチンの見える所に置いて、早めに使い切るのがおススメです。

冷蔵庫に終うと、カビたり、使い忘れることもあるので、見える所に置いて早く使うのがポイント。

冷蔵庫よりも常温のほうが良かったりします。

でも、もっと長く保存したい時は、小分けにして冷凍します。

私は一年分冷凍庫に保存して、使いたい時に取り出してすりおろして使っています。

冷凍庫がいっぱいで入らないよ。というかたは、ちょっと難しくて失敗することもありますが、

湿らせた新聞紙で大きな塊のまま包んで、発泡スチロールに入れて、暖かい部屋で保管します。

あまり温かすぎると、芽が動くとも聞きますが、去年は薪ストーブの近くに置いてきれいに保存できました。

乾燥も湿りすぎも苦手なので、時々様子を見てあげてください。

春になると芽が動くので、暑い時期はやっぱり冷凍保存です。

焼酎に漬ける方法も試しましたが、生姜の風味が落ちるように思いました。

保存方法、いいアイデアをお持ちの方は是非教えてください(^^)

他、保存食に加工するのもおすすめです。

生姜シロップは、シロップは炭酸で割ってジンジャーエールや、紅茶に垂らしたり、料理にも使えて便利です。

シロップを取った後の生姜も、軽く天日干しして生姜糖としておやつに食べたり、

刻んだり、ミキサーでペースト状にして料理に使っています。

赤梅酢に漬けて紅ショウガもおいしいです。

お砂糖やはちみつを足して少し甘めにすると食べやすいです。

千切りにして醤油漬けもおいしいです。

これは掘りたての生姜を多めに仕込んで、漬けあがったものを醤油から上げて冷凍保存しています。

食べる分だけ解凍して、常備菜として活躍します。

漬けた後の醬油も、生姜醤油として料理やテーブル醤油に使います。

生姜は、過熱して食べるほうが、体を温める成分が有効になるそうです。

今年も寒くなるそうですし、体を温めて元気に過ごしたいですね★

今年は夏に雨がよく降ったのと、暖かい日が遅くまで続いたので、実が大きくてブリッと充実したものが多いです。

まだまだたくさんありますので、ぜひご注文よろしくお願いします。

BIG FAMILY FARM佐賀県(農業 自然農)

佐賀県鹿島市で、2007年に新規就農し、10年以上放棄されたミカン園を開墾した山の畑と、祐徳神社参道にある田んぼを転作した畑の2か所で、耕さず、農薬や肥料に頼らない”自然農”で、野菜や果樹を育てています。
BIG FAMILYという農園名ですが、夫婦二人の小さな農園です。大切な家族に届けるような気持ちで、安心して食べられるものをと、日々自然と共に畑仕事に励んでいます。

新米 2022 ご予約、販売開始!