お中元

生産者のお便りとお知らせ

【麦わらマルチ敷きのお手伝い募集&畑の開放DAY】

【麦わらマルチ敷きのお手伝い募集&畑の開放DAY】

みなさんと一緒に、麦わらを夏野菜の畑に敷きたいと思います。 ゆーちゃんふぁーむでは、除草・保温用の黒いビニールマルチを使用しません。 一昨年まで、草が出る5月からは、ひたすら手で除草をしてきました。 昨年からは、援農で来たみなさまに手伝っていただき、夏野菜のほとんどの畑に麦わらを敷くことができました。 その麦わらは雑草を防ぐと同時に、畑へ有機物を還元してくれます。 夫婦2人ではできなかったことです。 みんなでやれば、できることが増える。 環境にも人にも、よりやさしいことを。楽しく、より幸せなことを。 昨年は、そんなことを感じた1年でした。

今年から、畑のお手伝い日&畑の開放DAYをつくりたいと思います! 第一回目は『麦わらマルチ敷きのお手伝い&畑の開放DAY』です!

【日時】 6月19日(日) 9時半~12時

【参加費】 無料

【持ち物】 ・汚れてもいい服、靴 ・タオル ・飲み物 ・畑でお昼を食べることを希望の方はお弁当(13時半まで開放予定です。)

【内容】 ①夏野菜の麦わらマルチ敷き(大人の方のみ) ②畑の開放 子どもを含む参加者の方が、一部の畑で自由に土と触れ合ったり、虫探しやお散歩などを楽しんでいただくスペースがあります。 大きな自然の公園?庭?のような感じで、当日は自然と戯れていただけたらと思っています。 私は、畑の中で子どもが遊んでいる横で、ヨストレッチ?ヨガ?をしていますが、とっても気持ちいいです。笑 ※みんなでやりたい!こんなのやりたい!などあれば、ご相談ください。

また、農作業はできないけど、畑の野菜でお料理をしたい!ふるまいたい!と思ってくださる方も大歓迎。それぞれが出来ることを、それぞれの意思でする。みんなでつながる農場をめざしています。

【お願い・ご注意】 ・当日、お子様の麦畑と夏野菜の畑へ入ることはお控えください。 大型の機械があったり、まだ小さい苗が傷ついてしまったりするからです。畑の麦わら敷きご参加の場合は、参加者同士で協力し合い、お子様を一緒に見守っていただき、ご家族でのご協力をお願いいたします。 ・当日の作業は屋外です。マスクの着用はこちらからはお願いしません。参加者同士、距離を保っていただく等、必要な方はマスク着用をしていただくよう、ご理解お願いいたします。 ・当日は、咳などの風邪の症状、発熱、体調に不安のある方は、参加はお控えください。 ・畑に双子のヤギ、メメとガブがいます。紐につながれていますが、近づきすぎると、遊びで頭突きをしてくることがありますのでお子様連れの方はご注意ください。人参の葉や桑の葉などをあげると喜んで食べます。 ・畑にトイレや水道などの施設はありません。近隣のトイレのある施設までは車で5分~10分ほどのところになります。

【申し込み・お問い合わせ】 ①参加人数 ②当日の交通機関、車の台数と車種 ③畑でのお昼の利用ありorなし 以上を明記の上、お申込みをお願いいたします。 yuchanfarm.shokudo@gmail.com 070-5543-8598(太田)

ゆーちゃんふぁーむ千葉県(農業)

千葉市緑区で種を取りながら固定種在来種の野菜作り(年60種類程度)をしています。
農園はCSAというスタイルで運営されています。地域支援型農業と言います。
栽培期間中・期間外も全て無農薬無化学肥料の畑で野菜とニワトリ約300羽を育てています。
地下資源に頼る栽培をしません。自然栽培でも使われているビニールマルチを使用せず、購入肥料も使用せず、防虫ネットも使用しません。堆肥・腐葉土・肥料・飼料・苗は100%自家製です。自然なものを使うように心掛けています。環境負荷低減のために古新聞に包んでお届けします。畑にいらっしゃる方(お手伝い)も大歓迎です。

お中元