自然栽培園北村のお知らせ
2021/03/30

自然農法の田んぼにてんとう虫、粘々マズイ分泌液で攻撃

自然

自然農法(農薬不使用・肥料不使用)の田んぼに沢山のてんとう虫。

今年も春の草が茂り、てんとう虫やモンシロチョウなどの虫が食べ物を探しております。

てんとう虫が食べるのは、アブラムシですが、そのアブラムシ(植物の樹液を吸う)と共存しているのが蟻さんです。

蟻は、アブラムシが出す甘い分泌液を食べていますので、てんとう虫を撃退しようとします。

てんとう虫は、粘々分泌液(マズイ)で攻撃します。

このマズイ分泌液のお陰で、蛙やトカゲ・鳥さえもてんとう虫を食べないそうです。

田んぼの中は、植物連鎖の真最中です。

自然は面白いね。

自然栽培園北村佐賀県(農業)

自然農法志
私達の身体は、毎日の食べ物で作られています。農産物は、化学肥料や有機肥料で早く大きく育てています。
しかし、その肥料のお陰で葉や茎から肥料ガスが出て、それに目掛けて害虫が寄って来て、その害虫を殺す為に多くの農薬が使用されています。この現状を一番知り危機感を持っているのが私達です。
どうか、世界一安全で美味しい自然農法(無肥料・無農薬栽培)が広がり、どのお店でも販売・購入出来る事が理想で有り、実行してまいります。