里山BOTANICALのお知らせ
2021/01/18

雪室をつくってみました

知り合いの農園のおばあちゃんから、大根のおすそ分け。

ずっしりと中身のつまった大根で、とてもおいしそうです。 ここ最近の大雪でとても大変でしたが、せっかくなので雪のある暮らしを楽しもうと思いたち、簡単な雪室をつくって、いただいた大根を入れてみました。

雪室といってもとても簡単なつくりです。スコップで軽く穴をほって、中に大根を入れて、また雪で埋めるだけです。

あとは埋めた場所が分かるように、目印も忘れずに。

雪室の中は適度な湿気があって、食材の保存にとても適しています。 実は一昨年も雪室をつくって、その時はほうれん草を入れたのですが、一ヶ月以上経ってもみずみずしくシャキッとしていて、とても美味しくいただきました。

さて、雪室大根はどんな味になるかなあ。甘くておいしくなってくれたらいいなあ。 ちなみに、麹チーズケーキとかも雪室のなかでゆっくり解凍したら、さらにしっとりしておいしくなるのかなあ。今度やってみようかなあ。なんて思いながら。

里山BOTANICAL新潟県(新潟ローカルブランド)

〜里山の “おいしい” をお裾わけ〜
美しい棚田や豊かな自然にかこまれた新潟県上越市の安塚地域。私たちは里山に暮らしながら、安塚の里山があたえてくれる季節の幸や、棚田でそだてたお米(栽培期間中農薬・化学肥料不使用)を丁寧に加工し、素材の魅力を最大限にひきだしながら愉しんでいます。添加物不使用、グルテンフリーなど、「使わないもの」にもこだわっています。そんな里山でのおいしいひとときを、あなたの暮らしにおとどけします。