信州坊主ほのか(細井ファーム)について

信州安曇野で農業そして農家レストランを営んでいます

夫婦二人、自然豊かな信州安曇野で有機栽培のお米や蕎麦を栽培しております。 有機栽培初めて20年、農家レストランは開業して12年目です。  脱サラして始めた農業ですが、サラリーマン時代から将来退職後にそば屋をやってみたいという思いがあり、農作業のかたわらで地元観光ホテルや無印良品キャンプ場などでそば打ち教室をしながら農家レストランの開業を目指していました。 おかげさまで開店しましてから地元のお客様、観光のお客様にご利用頂いております。 また、昨今のコロナ禍ではお取り寄せ頂く機会が増えてきており、お米をはじめ、生そば、干しそば、そばの実、そば粉に甘酒やお餅等々ございます。 どうぞ、蕎麦も米も安全で美味しいこだわりの味わいをぜひお試し下さい。

農家になり有機栽培を始めたきっかけ

私はもともとサラリーマンをしておりましたが、妻の実家が農家で手伝いをしていました。 そうしているうちに農業の魅力を感じて、地域の農業を守りたいという想いが芽生え、農家を継ぐことになったのです。 私は農家ではないものの、小さい時は田んぼに虫などの生き物がたくさんいたことをよく覚えています。 そこで、農業をやっていて、そういった生き物たちの姿が見えないことを疑問に思っていました。 有機栽培をやるということは、環境にも配慮することです。 また、現代の食事事情を考えると体に悪いものがたくさんあると思い、安心安全な農作物を栽培することにも信念がありました。 そこで、農家を継いでから周りの人から学び少しずつ有機栽培を始めて、有機JAS認定も取るなど今に至ります。

田んぼで育ったヤゴは、成長すると稲につかまってトンボになります。 夏は山で過ごし、秋になると生まれた田んぼに戻ってきて卵を産みます。

タニシなどの貝類も随分増えてきました。

ミツバチたちが減っています 天候不順とともに大きな問題です

これからも安全で美味しくて身体にも良く、自然環境を守る食を提供してまいります

環境に配慮した農産物を食べていただくことは自然環境を守ることでもあります。 大切な日本の原風景や豊かな自然や食文化を後世に伝え残さなければと思います。そして、それは本物の味わいであり、滋養でもあると有機農業をしていてつくづく思う日々です。そんなことが食べていただく方に伝われば幸いです。

お近くにお越しの際は、ぜひご来店下さい(^-^)


人気商品