星ヶ峰農園の農園日記
日々のいろいろ
2021/09/29

2021年産【こしひかり】&【天日干しこしひかり】販売はじめました!

稲刈り作業 最終段階

稲刈りと販売準備を同時進行でてんやわんやの星ヶ峰農園です。

今日は午前中を中心に【湧水こしひかり】の最後の田んぼの刈り取り作業をしました。

ズブズブで毎年刈り取りに苦戦している田んぼ。 田んぼの角2ヶ所から水が湧いていて、今年はぜんぜん水が引きません😵

今日はコンバインもバインダーも入れないところは手刈り。 午前中3人で取り掛かって、半分以上刈りました。

ズブズブのぬかるみのなかの中腰作業で、足腰が鍛えられます!

地面が乾いているところは、明日コンバインで刈って終了する予定です😊

脱穀&籾摺り作業

天日干し米は、自家保有の脱穀機械で行います。 脱穀とは、稲から籾を外す作業で、田んぼに機械を持ち込んで行います。

脱穀された籾は「籾摺り機」で米粒の殻にあたる籾を外し玄米にします。

【こしひかり】と【天日干しこしひかり】

お伝えしていた予定より少し早く販売開始しました。

玄米3キロは米袋の欠品により数量が入っていませんが、入荷し次第販売いたします。

今年から発送日を週3日、火曜日・木曜日・金曜日に変更させていただきました。

【湧水こしひかり】と【天日干し湧水こしひかり】

稲刈りと乾燥が終わり販売準備が整い次第の販売開始となりますので、いましばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

星ヶ峰農園熊本県(米 | 野菜)

星ヶ峰農園は、化学生成肥料や農薬を使用せずお米とサツマイモを中心に生産直売している家族経営の小さな農園です。

標高500mゆえの寒暖の差と美味しい湧水により、南阿蘇村は農産物が美味しく育つ恵まれた環境にあります。その利を最大限活かし、長い間受け継がれてきた美しい農村風景を維持したいとの思いで、農薬・化成肥料・除草剤を一切使わずに手間ヒマをかけたお米や野菜づくりをしています。

環境負荷が少なく、自然環境保全や美しい景観の維持に繋がることを念頭に、日々奮闘しています。

お米は玄米専用の保管庫にて、暖気の季節には13~15℃で保管しておりますので 古米(収穫から1年以上経過したお米)でも食味の劣化はありません。
白米は受注を受けてから精米し、精米日を含め2日以内に発送いたします。


人気商品