星ヶ峰農園の農園日記
日々のいろいろ
2021/09/20

【星ヶ峰農園の天日干しこしひかり】稲刈りが始まりました

天日干しこしひかりの稲刈り

9月16日~20日の間に田んぼの状態と天気を見計らって【天日干しこしひかり】の稲刈りをしました。

天日干し米は、「バインダー」という機械で稲を一列ずつ刈り、束にしていきます。

刈り残しは手鎌で刈り、束ね損ねの稲は手で束にしていきます。

田んぼに散らばった束を集め、竹等の棚に掛けてから1週間~10日間程度、太陽光と風でゆっくりと乾燥させます。

機械に入れての熱乾燥と違いゆっくりと乾燥させるので、お米には稲の風味が残ります。 昔ながらの乾燥法は手間がかかるので、南阿蘇でももうあまり見かけない風景になってきましたが、実りの秋ならではの風景をできる限り作り続けていきたいと思っています。

収穫量や食味は籾すりをしてお米にしてからではないとハッキリわかりません。 今年は8月下旬に梅雨のような長雨があったので、ドキドキです!

【天日干しこしひかり】の販売は10月中旬頃の見込みです。

星ヶ峰農園熊本県(米 | 野菜)

星ヶ峰農園は、化学生成肥料や農薬を使用せずお米とサツマイモを中心に生産直売している家族経営の小さな農園です。

標高500mゆえの寒暖の差と美味しい湧水により、南阿蘇村は農産物が美味しく育つ恵まれた環境にあります。その利を最大限活かし、長い間受け継がれてきた美しい農村風景を維持したいとの思いで、農薬・化成肥料・除草剤を一切使わずに手間ヒマをかけたお米や野菜づくりをしています。

環境負荷が少なく、自然環境保全や美しい景観の維持に繋がることを念頭に、日々奮闘しています。

お米は玄米専用の保管庫にて、暖気の季節には13~15℃で保管しておりますので 古米(収穫から1年以上経過したお米)でも食味の劣化はありません。
白米は受注を受けてから精米し、精米日を含め2日以内に発送いたします。


人気商品