自然栽培園北村のお知らせ
2021/11/18

③農薬は安全だろうか?「田植え前の苗箱に殺虫剤」

田植え後に虫が来ない1ヶ月間。

一般農家は、田植え前苗箱に殺虫剤(粒剤)を多く使用されています(防除効果が長期間持続する)

この農薬が、水田で長く効果があるのは、育苗箱に農薬を散布され、田植えによって苗と土と農薬が水田に移植されます。

その効果が約1ヶ月間、農薬を稲が吸収する事で、農家は農薬を散布しなくても虫が来ないし付かないのです。

新しい農薬が登録されると、効果が長期的で回数は減って来て労働時間は少なくなっています。

こんな有難い農薬(粒剤)ですが、はたして農薬はお米に残留しないのでしょうか?

人体に影響は無いのでしょうか?

わたしの自然農法は、化学肥料や有機肥料も使用しない為に、虫がほとんど寄り付かないのです。

一般農家は、化学肥料を主体に施肥され、稲を元気よく成長させますが、その葉や茎から肥料ガスを出すと言うわれています。

その肥料ガスに誘われ、虫が稲の樹液を吸ったり食べたりするのです。

肥料を施せば、虫が付く。

今や日本の農薬使用量は、世界のベスト3に入る位になっております。

人間は、食べた物で身体は造られ、骨・肉・血液となり、残留農薬は

身体の動く個所に溜まると言うわれています。

その毒素は、浄化の為にガンや内臓腫瘍となり、それが熱で溶かされ下痢や嘔吐・破裂などで排せつされるとも聞いております。

 わたしが考えるには、食べ物で毒を入れない事を第一に思っております。

なので、農薬は使用しません。

ですが、肥料や堆肥を使用しますと、必ず虫が食べに来ます。

これが自然界の摂理ですね。

自然農法を世界に広げるプロジェクト。代表:北村広紀

自然栽培園北村佐賀県(農業)

自然農法志
私達の身体は、毎日の食べ物で作られています。農産物は、化学肥料や有機肥料で早く大きく育てています。
しかし、その肥料のお陰で葉や茎から肥料ガスが出て、それに目掛けて害虫が寄って来て、その害虫を殺す為に多くの農薬が使用されています。この現状を一番知り危機感を持っているのが私達です。
どうか、世界一安全で美味しい自然農法(無肥料・無農薬栽培)が広がり、どのお店でも販売・購入出来る事が理想で有り、実行してまいります。

安心安全(無肥料・無農薬栽培)な食べ物を広げたい。
自然栽培の耕作者が減っています。
それは、無肥料・無農薬栽培農産物が、販売額の少ない状態で経営しているからです。
そこには、現在の農薬漬けの現実を変えたい。
もっと安全な食べ物を作りたいと思って耕作されて来ました。
志高くても、利益が少なく廃業して行く先輩達の姿を見て来ました。
このショップの価格には、自然栽培の未来が掛かっている事をご理解ください。

応援して頂けたら嬉しいです。