里山BOTANICALのお知らせ
2021/03/08

玄米ポン菓子でいろいろ試してみた

知り合いにポン菓子をつくれる方がいらっしゃったので、 先日、私たちが農薬や化学肥料を使わずにつくったお米で、ポン菓子をつくってもらいました。 今のところは特に商品としてはお出ししてはいないのですが、自分たちのお米でいろいろ楽しめたらなあと。

そもそも玄米って、普通に炊いて食べようとすると少しハードルが高いって感じます。水を吸いにくいので、一晩ねかしたりとか、実際に炊いてみるとき少しコツが必要だったり。

でも、玄米ポン菓子は玄米を気軽に食べるにはけっこうちょうど良いんじゃないかなあと思ったんです。 お菓子としてだけじゃなくて、食事にしてもいいんじゃないかなあと。

そう思ってスープに入れたりとか、いろいろやってみたので、その様子や感想をまとめてみました。

ヨーグルトにトッピング

まず、朝ごはんにヨーグルトにかけて食べてみました。お好みで、蜂蜜も。

これはなかなかおいしい! ぱりっととしたポン菓子の食感とヨーグルトがとてもよく合います。 玄米を気軽にヘルシーに食べられるので、おすすめです。 朝の忙しい時間にも、玄米を気軽に食べられるし、ヨーグルト自体もお腹にいいし。毎日食べてもいいなあと思います。

スープに入れてみた

最初はぱりっとした食感ですが、だんだん水をすってふわっとした食感に変わっていきます。 スープやポタージュに入れると“やわらかリゾット“的になり、ライトに、しかも時短で玄米を楽しめます。

トマト系のスープやホウレン草のポタージュと相性が良いみたいですね。 朝、忙しい日や、ちょっとお腹が空いたときにお勧めです。

おしるこ

これはまあまあかな〜。悪くはないんだけど、おしることポン菓子をそれぞれに食べているというか、おしるこの存在感に、ポン菓子がちょっと埋もれちゃってるような感じがしました(あくまで個人的な感想です)。

抹茶アイスにかけて

抹茶のまろやかさとポン菓子のサクサク感がマッチして美味しかったです。

小さな子どもにあげてみた。

一歳の息子にあげてみました。ぼりぼりと食べていて、とまらない感じでした。 砂糖も入れていなかったのですが、これくらいの子供が、栄養のある玄米を気軽に食べるのにもちょうどいいかもと思います。

いろいろ試してみましたが、玄米ポン菓子は、気軽にヘルシーな玄米を食べるのにありだと思いました。ポン菓子、もう少しいろいろ試してみたいと思います。

里山BOTANICAL新潟県(新潟ローカルブランド)

〜里山の “おいしい” をお裾わけ〜
美しい棚田や豊かな自然にかこまれた新潟県上越市の安塚地域。私たちは里山に暮らしながら、安塚の里山があたえてくれる季節の幸や、棚田でそだてたお米(栽培期間中農薬・化学肥料不使用)を丁寧に加工し、素材の魅力を最大限にひきだしながら愉しんでいます。添加物不使用、グルテンフリーなど、「使わないもの」にもこだわっています。そんな里山でのおいしいひとときを、あなたの暮らしにおとどけします。