里山BOTANICALのお知らせ
2020/12/01

来年にむけた土づくり  -籾殻燻炭のこと-

「自然環境や身体にできるだけ負担のかからないやり方でお米をつくりたい」 そんな想いで、私たちはお米を栽培期間中、無農薬・化学肥料不使用でつくっています。このお米を使って麹チーズケーキをつくっています。

化学肥料をつかわない代わりに、自然のものをつかった土づくりをします。 土づくりは、今のうちからやっておくことで、冬の間に土壌が豊かになり、来年のお米の育ちが良くなります。 先日は土づくりの作業の一つとして、籾殻燻炭(もみがらくんたん)を田んぼに蒔きました。

毎年、稲刈りの後に大量にでる籾殻(もみがら)。ケイ酸という、稲にとっては欠かせない成分を多く含んでいます。ケイ酸は稲を倒れにくくしてくれたり、根から栄養を吸収しやすくしてくれます。また、連作障害を抑える効果があります。 この籾殻を燻し焼きにして、燻炭をつくります。

籾殻を燻炭にして田んぼに撒くことで、土壌への吸収効率が良くなると共に、炭に空いた微細な穴が土壌の好気性微生物の住処となり、菌を活性化してくれるのです。

この菌が、今年の稲の残り根などを分解してくれて、より良い状態の土をつくってくれます。

そんなこだわりのお米でつくっている麹チーズケーキのクリスマス限定ver.も予約受付中です。この機会にぜひいちど。

里山BOTANICAL新潟県(新潟ローカルブランド)

〜里山の “おいしい” をお裾わけ〜
美しい棚田や豊かな自然にかこまれた新潟県上越市の安塚地域。私たちは里山に暮らしながら、安塚の里山があたえてくれる季節の幸や、棚田でそだてたお米(栽培期間中農薬・化学肥料不使用)を丁寧に加工し、素材の魅力を最大限にひきだしながら愉しんでいます。添加物不使用、グルテンフリーなど、「使わないもの」にもこだわっています。そんな里山でのおいしいひとときを、あなたの暮らしにおとどけします。