父の日

生産者のお便りとお知らせ

鳥インフルエンザとこの時期の放牧について(法令遵守)

放牧養鶏を、良い形で未来に繋ぎたい。

今シーズン鳥インフルエンザ国内6例目が確認されています。(11/10時点) 1例目:16万9000羽処分、2例目16万3000羽処分、3例目4万羽処分、4例目100万羽処分、5例目51万羽処分、6例目15万羽処分。

現在、約2,032,000羽。(11/10時点)

処分...。...?

今年もまた、たくさんの鶏たちが命を落とすことになっています。 早く終息することを切に願います。

通常の養鶏場(ケージ※)では、1養鶏場あたり何万羽、何十万羽単位が普通です。(※国内採卵養鶏のおよそ90%以上)

平飼いは、10%以下。

放牧(放し飼い)は、ほんの僅か一握りです。

ここから私のこの時期の放牧について少しお話しします。

これから養鶏を始めようと考えられている方、現在、放牧(放し飼い)をされている方にも、読んで頂ければ幸いに思います。

ナチュラルエッグラボでは、 少し前から放牧はお休みしています。

こうしたことも産卵には多少影響するのですが、

毎年この時期はそうしています。

家畜保健所さんと連携し、私の判断でそうしています。 飼養衛生管理基準を遵守した上で飼養する責任者として。

自分がこれがいいから、 こうしたいから、 「それはできません!」 「この時期も放牧します!」も できないことはないです。

特にうちの場合は、適合した放牧場を整備しています。 それでも、この時期は放牧しません。

鶏たちを守ることは勿論、 近隣の養鶏場を守ることにも繋がりますし、 何より、この飼養スタイルを守り繋げていくことに関わります。

「こういう飼い方は健康だから感染しない。」 は、絶対的に言える根拠がありません。

また、放牧してたから感染する。 鶏舎にいるから感染しない。

ということもありません。

しかし、

もし何かあった時、 もう遅いです。

全羽処分。

「あそこは、シーズンが来ても放し飼いで外に出して飼い続けてたもんね。」

「放し飼いはやっぱりダメ。」

になってしまうのは、

嫌です。

現状のルールをきちんと守った上でやることで、 こうした飼養が認められ、きちんとした形で拡がっていけばなと。

そう思っています。

いつも放していたい気持ちもあります。

然しながら、 今現在のみの、自己満足や、ブランディングだけでなく、

本当にこの暮らしを届け、繋げていくために、

日本の放牧養鶏、鶏たちの将来を見据えた選択をと考えています。 ・ ・ #naturalegglab #itadaki #habataki ・ #長崎皇帝 #長崎皇帝卵 ・ #eggs #freerangeeggs #卵 #平飼い卵 #平飼い放牧卵 #放牧卵 #放し飼い #平飼い

※みんな元気にたくさん食べています🍚 ※元々鶏舎内も通常の平飼い基準より十分なスペースを確保しているので問題はありません。

ナチュラルエッグラボ長崎県(放牧養鶏/平戸平飼い放牧卵itadaki,親鶏肉,スイーツの販売)

平戸平飼い放牧卵itadaki
私たちは、なによりも卵を産んでくれる鶏達の「生き方」を大切に考えています。
自然豊かな歴史とロマンの街、長崎県は平戸の地で、平飼い放牧養鶏を行っております。
鶏たちに最適な環境を、鶏たちから学び、常に追い求めています。
青空の下、自由に駆け回り、思いきり羽根を伸ばす。
砂浴びをし、太陽を浴び、風を感じる。
そんな鶏たちが、ひとつひとつ一所懸命に産む卵。
卵は「いただく」もの。
私たちの使命は、鶏たちの「生きた証」をお届けすることです。


人気商品

父の日