生産者のお便りとお知らせ

椿メロンが美味しくなる卵の殻のこと

2023/03/13

椿メロン少し大きくなりました

日に日に大きくなるメロンの苗

そろそろ2本仕立てにするころです

大きな2本だけを残して、今から永遠に芽を摘んでいく作業が始まります

ハウスの中は40度を超えてます

かなり暑い

けどメロンの為にまだ横は開けずに戦ってます

今日は美味しさの秘密の卵のお話

我が家は卵の殻を捨てません

ずっとずっと卵の殻をとってます

それは。。。

メロンの肥料のひとつに使うからです

メロンの殻にお酢を入れてでた抽出液を散布します

卵の殻にはカルシウムが含まれており自然のミネラル成分が沢山

椿メロンには欠かせない肥料です

こうやってやしろ農園では

色んな肥料を手作りをしています

メロンも人とおんなじで、基本の体が元気だと風邪をひきにくかったりするように

土が元気だと、病気になりにくかったりします

そうすると農薬を使用せずに栽培ができる様になります

農薬は悪ではないとは思いますが、できるだけ使用しない方が安全なのは間違いなくて

やしろ農園の椿メロンはそんな想いで育てています

やしろ農園長崎県(メロン栽培)

海に囲まれ、緑豊かな島の恵みを生かすため、栽培方法を研究。
試作を重ねて完成した“椿メロン”。

島のあらゆるとこに咲く“椿”に注目し、花や葉を自家製ぼかし肥料にまぜ発酵させたもの、椿の油かす、五島の海水、もみ殻、米ぬかなどを使用し栽培しました。
また、島内でも寒暖差の大きい盆地で育ち、山の1番水を使用しています。

島の豊かな自然で育った五島ならではの“椿メロン”。
きめ細やかな果肉は、しっかりとした歯ごたえがあり、味は濃厚なのに、スッキリ。果汁が多く芳醇な香りを楽しめます。