奈良県吉野の果樹園「Deai orchard」

父から受け継いだ「Deai orchard」

Deai orchardは、奈良県は吉野の山奥で高齢の父と母が20年以上、 土、水を大事に誠実に作り続けているブルーベリー農園です。 無農薬で作るブルーベリーと、完熟した果実だけを使った独自製法のジャムも作り続けています。

ジャムはとてつもなく、手間をかけているので本当に美味しい自慢の一品なのですが、近所の道の駅で売るぐらいしか手段がありませんでした。 口コミでお客さんが買ってくれるのでよく売れていました。 ところが去年父が「体がきつくなってきた。」と弱音を口にしたのです。 とても辛抱強い父の漏らした言葉に娘の私達は衝撃を受けました。

三姉妹の私達は、こんな美味しいジャムを終わらせてよいのかと話し合いました。 けれどまだ下は2歳上は18歳の子どもをそれぞれ抱えている母の役目もある為、安易に両親を手伝うことは難しい状況です。 両親と暮らす96歳のおばあちゃん、もう随分と色々なコトが分からなくなってきているのですが、「美味しいなぁ。美味しいなぁ。」と朝ごはんでヨーグルトにジャムを入れて食べながらニコニコしている顔を見たりすると、「やっぱり受け継ぎたい!」と。 アラフォーの私の突然の決意に私自身が一番驚いたのはいうまでもありません。 私は長女で子ども達も高校生なので、まず私が見習いでブルーベリーを育てるところから勉強しています。 そして几帳面でまじめを絵に描いたような父とのそれはそれは厳しい修行の始まりでもありました。

奈良県吉野の山奥で果樹園を続けています

奈良県は吉野というと吉野山の桜が有名ですよね。 Deai orchardは山の中の細い一本道を上がっていきます。 例えると「ポツンと一軒家」でもなかなか見られない険しい地道です。 その先にブルーベリー 畑があります。

山の湧き水を溜めた池にはトンボやカエルが暮らしています。 春先から夏にかけては、鶯があちこちで歌の稽古に励んでくれるのでとても賑やかです。 夏には蓮の花が池の水面一面に咲き、早朝からの収穫時期にはとても癒されます。 車も人も全く往来がないので、のんびりと時間が流れて行きます。

父と母は20年以上ここでブルーベリーを育てています。 畑の手入れでは、ブルーベリーの樹の下の草を手で刈るので、マムシ(毒蛇)に遭遇した時は血の気が引いたと言っていました。 それでも、農薬を使わず木を労わり大事に育てることを当たり前だと考えているので、土作りや、害虫対策もとても手間がかかります。 その甲斐あって、実ったブルーベリーは本当に美味しいです。 (特に父のブルーベリーを育てている姿を見ていると娘の私たちより大事に育てている気もします。)