無添加・無農薬こだわり生産者直売のオーガニックモール

農業

慣行栽培とは?
Agriculture
2019/02/08

日本の台所のほとんどを担っているのが、慣行栽培による野菜や穀物です。収量の増産のために化学肥料を投入し、病虫害や除草のために農薬を使用し、大規模かつ効率的に栽培する方法です。

世界で最も普及している現代の栽培方法

 1024 190208081027

「慣行」という言葉が表すように従来型の栽培技術です。 病虫害の駆除・防除および除草のために農薬を使用し、生育促進および収量増加のために化学合成肥料を主に使用します。

日本においては戦後に普及し、戦後復興に不可欠だった食糧増産に大きく貢献しました。高度経済成長の屋台骨として当時の日本を支えた、と言い換えることができるかもしれません。

国内に流通する99%以上が慣行栽培の作物

 1024 190208081022

現在においても、農水省の推計では99%以上の野菜と米が慣行栽培によるものです。すなわち、スーパーや八百屋に置いてある野菜、そして飲食店で使われている野菜といった国内に流通するほとんどが慣行栽培による野菜や米ということになります。

栽培方法を意識することなく日常生活を送っていて口にする野菜のほぼすべてがこれに該当するとも言えます。

効率化、単一化、大量生産

 1024 190208081021

大型の機械を導入して作業を効率化し、単一作物を大量に栽培することもその特徴のひとつです。昨今ではIT技術の導入が積極的に行われ、GPS技術やドローンを駆使した作業のオートメーション化が推進されています。今後はAI技術が積極的に導入されていくと思われます。

上記の「効率化」「単一化」「大量生産」に加え、慣行栽培の最たる特徴として「農薬」「化学肥料」の使用があります。

詳しくは以下のページにて。

・農薬とは? >> ・化学肥料と有機肥料の違い >>


新着コラム

おすすめカテゴリ

Category
内祝い