やしろ農園

生産者のお便りとお知らせ

こども食堂に自然米(無肥料・無農薬栽培のコシヒカリ)20kg寄付

こども食堂は趣味と話されます山本さん

数年間わたしの自然米30年DNAコシヒカリ、自然米(古米)を寄付させて頂いております、神崎こども食堂の山本さんにお話しを聞きました。

こども食堂を始めて8年と言う山本さんは、子ども達から学ぶ事が多いと話されます。

山本さんのこども食堂は、大人500円・子ども300円・3歳以下は無料とされています。

中には、カレーライスを5回もお代わりする大人もいらっしゃるそうです。(現在はお代わり1回まで)

しかし、山本さんは落ち込みません。

営業中のレストランでは、おにぎり1個150円で販売されていて、食べ盛りの子どもが来ると、大盛りのおにぎりをサービスされたそうです。

しかし、そのおにぎりに〇〇が入っていたそうです。

普通なら文句を言うところを、その子どもさんは、「〇〇を取り外し、これも愛情さ」と言われ、おにぎりを食べられたそうです。

凄いね!何と嬉しい言葉、涙がぽろりです。

このお子さんの親は、どのように教育されているだろうかと、この話を楽しそうに話されます。

山本さんは、こども食堂を後10年は続けたいと話されている意味が分かりました。

今回、話をお聞きして、山本さんの愛情が凄いし、その愛情で育つ子ども達の未来も楽しみですね。

わたしの自然米を使って頂ける事に、感謝申し上げます

無添加・無肥料・無農薬栽培を世界に広げるプロジェクト

追伸

「神の力」の書体は、山本さんの娘さんに魂を込めて書いて頂きました。

その他のお話は、YouTube動画:「子ども食堂に自然米を寄付」で、お楽しみください。

自然栽培園北村佐賀県(農業)

健康は、(農薬・添加物)の無い食べ物を摂取する事が大事ですね。

自然農法志
私達の身体は、毎日の食べ物で作られています。農産物は、化学肥料や有機肥料で早く大きく育てています。
しかし、その肥料のお陰で葉や茎から肥料ガスが出て、それに目掛けて害虫が寄って来て、その害虫を殺す為に多くの農薬が使用されています。この現状を一番知り危機感を持っているのが私達です。
どうか、世界一安全で美味しい自然農法(無肥料・無農薬栽培)が広がり、どのお店でも販売・購入出来る事が理想で有り、実行してまいります。

安心安全(無肥料・無農薬栽培)な食べ物を広げたい。
自然栽培の耕作者が減っています。
それは、無肥料・無農薬栽培農産物が、販売額の少ない状態で経営しているからです。
そこには、現在の農薬漬けの現実を変えたい。
もっと安全な食べ物を作りたいと思って耕作されて来ました。
志高くても、利益が少なく廃業して行く先輩達の姿を見て来ました。
このショップの価格には、自然栽培の未来が掛かっている事をご理解ください。

応援して頂けたら嬉しいです。

やしろ農園