新米 2022 ご予約、販売開始!
自然栽培園北村のお知らせ
2022/06/21

生態系被害防止外来種リスト(ミドリガメ)

ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)

「生態系被害防止外来種リスト」において「緊急対策外来種」になりました。

このミドリガメが、佐賀市川副町の水路(クリーク)に多く生息して、田植え後の水田夜によく見掛けます。

ミドリガメが捕食していると思われる、ジャンボタニシは激減していますね。

写真は、産卵に川から上がり、アゼで卵を産んでいたようです。

ミドリガメやジャンボタニシも人が持ち込んだ外来種です。

その害が農家を直撃しています。

ジャンボタニシを殺す為に、椿油粕(魚毒性農薬)を水田に散布する農家も多いです。

椿油粕を水田で使用する事は、魚が死ぬので禁止されています。

外来種を放流した人が悪いのか、魚毒性の有る農薬を使うのが悪いのでしょうか。

どちらも許される事ではありません。

椿油粕が植物だから良いと思っていませんか、毒だから魚やジャンボタニシが死ぬのです。

以前、ヒヨコを飼い始めた時に、鳥小屋の土からドクダミが生えて来たのです。

そのドクダミを食べたヒヨコが汗をかいて倒れていたのです。(毒を溜めるからドクダミ)

ヒヨコは死ぬと思いましたが、わたしの看病で全羽助かったのです。

普通、鳥は汗をかかないのですから、小さい産毛が濡れていました。

植物の毒だから良いと言う事は無いと思います。

現実を知る事が大事ですね。

ミドリガメやジャンボタニシが一番の被害者かも知れませんね。

自然栽培園北村佐賀県(農業)

自然農法志
私達の身体は、毎日の食べ物で作られています。農産物は、化学肥料や有機肥料で早く大きく育てています。
しかし、その肥料のお陰で葉や茎から肥料ガスが出て、それに目掛けて害虫が寄って来て、その害虫を殺す為に多くの農薬が使用されています。この現状を一番知り危機感を持っているのが私達です。
どうか、世界一安全で美味しい自然農法(無肥料・無農薬栽培)が広がり、どのお店でも販売・購入出来る事が理想で有り、実行してまいります。

安心安全(無肥料・無農薬栽培)な食べ物を広げたい。
自然栽培の耕作者が減っています。
それは、無肥料・無農薬栽培農産物が、販売額の少ない状態で経営しているからです。
そこには、現在の農薬漬けの現実を変えたい。
もっと安全な食べ物を作りたいと思って耕作されて来ました。
志高くても、利益が少なく廃業して行く先輩達の姿を見て来ました。
このショップの価格には、自然栽培の未来が掛かっている事をご理解ください。

応援して頂けたら嬉しいです。

お歳暮2022