お歳暮2022
自然栽培園北村のお知らせ
2021/12/25

無肥料・無農薬コシヒカリの自然農法に切り替えたキッカケ

感謝申し上げます

安全な米を届けたいとわたしは、無農薬・無肥料栽培の自然農法を38年前に取り組みました。

その前までは、米・麦・大豆・ビニールハウスでナス栽培を親子3人で行う普通の農家でした。

父が病気に掛かり、52歳で他界し、母は卵巣肥大で入院となり、ビニールハウスのナス栽培を止めようと決心しました。

農薬の安全性に疑問が湧き始めた為です。

そこで、父が亡くなる2年前に、始めていた自然栽培米(コシヒカリ)を続ける決心をしました。

日本の米作りは安全なのでしょうか?

種子消毒(殺虫剤・殺菌剤24時間漬け込み)田植え前の苗箱には、殺虫剤(土が見えない程の農薬散布)田植え後は、殺虫剤・殺菌剤を数回散布。

輸入の米は船輸送が主で、虫やネズミ退治に、農薬を施されるそうです。

米に農薬が蓄積される危険性があります。

農薬の内容は・・

あまり真実を語るとお米が食べられ無くなりますね。

わたしがそこで行きついたのが自然農法です。

肥料を使わないから、虫が湧かない来ないのです。

肥料が害虫を誘うし湧くと言う事です。

だから無肥料だから無農薬栽培ができるのです。

無農薬・無肥料の米・野菜が当たり前になる事を夢見ております。

自然農法を世界に広げるプロジェクト。

自然栽培園北村佐賀県(農業)

自然農法志
私達の身体は、毎日の食べ物で作られています。農産物は、化学肥料や有機肥料で早く大きく育てています。
しかし、その肥料のお陰で葉や茎から肥料ガスが出て、それに目掛けて害虫が寄って来て、その害虫を殺す為に多くの農薬が使用されています。この現状を一番知り危機感を持っているのが私達です。
どうか、世界一安全で美味しい自然農法(無肥料・無農薬栽培)が広がり、どのお店でも販売・購入出来る事が理想で有り、実行してまいります。

安心安全(無肥料・無農薬栽培)な食べ物を広げたい。
自然栽培の耕作者が減っています。
それは、無肥料・無農薬栽培農産物が、販売額の少ない状態で経営しているからです。
そこには、現在の農薬漬けの現実を変えたい。
もっと安全な食べ物を作りたいと思って耕作されて来ました。
志高くても、利益が少なく廃業して行く先輩達の姿を見て来ました。
このショップの価格には、自然栽培の未来が掛かっている事をご理解ください。

応援して頂けたら嬉しいです。

お歳暮2022