自然栽培園北村のお知らせ
2021/09/02

癒しと学びを孫達から

健康

初孫成長期2.8歳♀2卵生双子。

わたしは、孫達から学びと癒しを頂いています。

おじいちゃん・おばあちゃんと呼ばれて喜ぶ夫婦。

この子達の食べ物が危機的状況。

日本の農産物は、肥料農薬まみれと添加物使用の加工品だらけ。

もっと消費者は、添加物を使用した物は食べたく無いと言わないと改善されません。

ある有名なインスタント・カップ麺は、輸出用と国内用では添加物の量や種類が違うそうです。

今の時代は、言わないと、簡単安価な添加物三昧になります。

知らないと損をする時代ですね。

もっと、わがままを言っていいのです。

ほとんどの病気を作っているのが食べ物の毒。

日本人は、1年間に平均約4kgの添加物を食べているそうです。

農薬はどのくらいでしょうか?

肥料を使わない自然栽培米は、害虫の発生や寄生がほとんどありません。

無肥料だから出来る無農薬栽培。

ちなみに薬も毒ですからね。

身体は食べ物で造られています。

商品購入の際は、裏の原材料をチェックした方が良いですね。

分からないときは、検索すれば発がん性の情報も得られます。

身体にダメージを与える食品が多いのが日本です。

今こそ自然栽培を始めませんか?

追伸

普通に販売されているお米が病気で食べられ無い方が、わたしの自然栽培米を美味しく食べられた方も多くあります。

自然米~奇跡を体験 私は、こんな体験をしました。

今はとても元気ですごさせて頂いておりますが、8年前、死の淵をさ迷った事があります。

ゼンソクから衰弱してしまい、50kgあった体重が33kgまで落ち込んでしまいました。

食べ物は段々入らなくなり、柔らかいうどんもお粥も一口食べるのがやっとで、みるみる衰弱していきました。

お米の汁ならと重湯を作ってもらいましたが、口に入れた瞬間に何ともしれない味が、臭いが喉を閉めてしまうのです。もう白湯しか入らなくなりました。

そんな時です、ある方から無肥料、無農薬の長年の自然米を頂きました。そのお米で柔らかい柔らかい重湯を作って頂きました。

私はどうせ喉を通らないだろうと思っていたのですが、不思議と口に入れた時、違和感なく、スッと喉を通ったのです。

「えっ」って思いました。 そのお米が北村さんのお米だったのです。ほんとに不思議です! それが食べる事が出来はじめたきっかけです。

体が極限に衰弱してしまった時は無肥料、無農薬の自然の物は、はっきりと見極めることが出来るようです。感覚が研ぎ澄まされるのだと感じました。

これは私個人の感覚かもしれませんが、無肥料、無農薬でも1年目、2年目くらいの物は少しだけ違和感を感じました。 今は元気ですから一般のお米でも平気で美味しく食べますが(^。^)福岡県田川市~女性

飽きない自然米 私が北村さんのお米を知ったのは、4年前です。 いつもお世話になっている方から自然のお米を交換しませんか?と、言われました。

丁度その時、他の方の自然米を食べていました。他の方のお米は、どんなお味だろうと食べてみたくて交換をして頂きました。

北村さんのお米は、もちもちして、とても美味しくて、一挙に2杯も食べてしまいました。

品種を聞くとコシヒカリだそうで、自然栽培でおいしいお米が食べれることは、凄いと思いました。

そのお米を購入し始めて、間もなく換気扇の掃除をした後に洗剤にまけて湿疹がでました。その時市販の売っているお菓子や野菜たちを食べるとかゆくなり食べれるのは、北村さんのお米だけでした。

お米だけ3食べてました。ご飯だけを食べていると唯一食べれる食材(お米)が飽きてしまわないか心配でしたが、そのようなこともなくて、湿疹が少しずつ落ち着くと自然栽培、有機栽培野菜と共にご飯を食べるようになりました。

湿疹がひいた後も疲れてドカ食いしたいときもお菓子を食べてもなぜか満足感がない、空腹感が満たされない、そんな時には北村さんのお米を少量食べてみます。

すると、何かわからないけれど満足感がきます。知り合いの方にその話をすると、ものの霊気を頂いているから満足感と満腹感がくることを教えて頂きました。(霊気の高い食べ物は、とれたての新鮮なもの、とれたての旬のものだそうです。)

北村さんの自然栽培お米は、食べてみないと分かりませんが、体調が悪くなった時に、すごくよく分かります。

偶然に紹介して頂いたお米ですが、毎食頂くのが楽しみです。   愛媛県松山市 女性

違いは、食べ物と食べられる物。

自然栽培を世界に広げるプロジェクト。

自然栽培園北村佐賀県(農業)

自然農法志
私達の身体は、毎日の食べ物で作られています。農産物は、化学肥料や有機肥料で早く大きく育てています。
しかし、その肥料のお陰で葉や茎から肥料ガスが出て、それに目掛けて害虫が寄って来て、その害虫を殺す為に多くの農薬が使用されています。この現状を一番知り危機感を持っているのが私達です。
どうか、世界一安全で美味しい自然農法(無肥料・無農薬栽培)が広がり、どのお店でも販売・購入出来る事が理想で有り、実行してまいります。