里山BOTANICALのお知らせ
2021/03/19

“雪むろの塩”で、玄米塩麹づくり

私たちが、栽培期間中農薬・化学肥料不使用で育てた酒米の玄米麹をつかって、先日から塩麹をつくっています。

つくるとはいっても、玄米麹に塩とお水を入れてよく混ぜ合わせたあと、二週間ほど置いておくだけ。そのあいだ、毎日一回はまぜるのと、お水が減ったら加えてお世話してあげながら。じっくりと発酵がすすんでいきます。

麹にお塩をいれて

よくかき混ぜて

ひたひたになるまでお水を入れて

またふって

10日〜2週間ほど置いておいて、発酵させます。

一日に一回は、シャカシャカしておきます。

越後安塚 雪むろの塩

使っているお塩は、「越後安塚 雪むろの塩」。

太古より良質な塩づくりがおこなわれてきた、フィリピンのパンガシナン州の広大な塩田でつくられた塩を、上越市安塚の雪室でじっくり熟成し、ほどよくにがりを抜いた、とってもまろやかな味わいのお塩です。

上越市安塚の二つの素材のマリアージュからうまれる、手作りの塩麹。きっととってもおいしくなってくれるはず。

完成したら、何の料理に使おうかなあ。楽しみだなあ。

里山BOTANICAL新潟県(新潟ローカルブランド)

新潟の中山間地にあり、古くから受け継がれてきた棚田や、自然の美しい風景をもつ上越市の安塚。里山ボタニカルは、安塚の里山にある、豊かな植生やお米を素材にしてつくった品物をおとどけする、地域ブランドです。
この地域の里山には、とても多様な樹木や植物が自生しています。一見、何気なくただ生えているだけに見える植生も、丁寧にみつめてみると、それぞれ愛おしく感じられるような個性や、とても深いストーリーをもっていることに気付きます。そんな小さな物語たちを、私たちが一つ一つ丁寧に手づくりした品物にのせて、おどけします。