お中元

生産者のお便りとお知らせ

②夫婦の夢だったカレー弁当屋を開業するまでの道のり~今の食生活との出会い、ローンの残っていたマンションを手放してから移住の決断まで、移住した矢先のstage4の悪性リンパ腫の発覚、夢を叶えた開業~

大きな決断をしたお話し(この決断がなければ今のカレー屋さんはなかった)

このブログ2回目はローンの残っていたマンションの売却と同居していた夫の母との別居のお話しです。 今から約20年前に夫は69歳まで、私は62歳まで払い続ける35年ローンで新築マンションを購入しました。そしてマンション購入と同時に夫の母との同居を始めました。

同居の難しさを実感

同居を始める前はそれなりに仲の良い関係でしたが、一緒に住むと様々な価値観の違いが出てきました。

朝の起きる時間、キッチンの使い方や使う時間、帰宅時間、お風呂に入る時間、就寝時間、休みの日の過ごし方など生活のほぼ全てがすれ違いでした。

三者三様の意見があり、沢山ぶつかり合いました!母と私、母と夫、夫と私がぶつかる事も。

ぶつかり合いの先には、なるべく接点を持たないようにしようとする様になり、どんどんと距離があいていきました。

そんな事を繰り返しながら同居生活を続けて13年。

別居。

同居生活13年目にしてやっと、このまま一緒に住むのはお互いに良い事はないし難しいと思い、母に別々に住もうと相談すると母も承諾してくれました。

13年経つ前にも何度か考えた事はありましたが、引越し、お金、ローン、世間体色々な事を考えると動けず、やっと決断した事でした。

私たちは新築マンションから団地へ。

母も同じ団地の別の棟へ。

別居をした事で母とは関係の修復ができて一緒にご飯を食べたり、出かけたりするようになりました。

よく聞く”スープの冷めない距離”とは本当にちょうど良い距離なんだなと思いました。

この時にマンションを手放していなければ今のカレー屋さんをはじめている事はなかったと思います。

ローンの残っているマンションの売却を開始直後にコロナが蔓延。

別居と同時にすすめたのがマンションの売却です。

ローンローンで一生懸命働くのはもうやめたいな、とずっと思ってはいましたが、いざ手放すとなると13年間頑張って払ってきたので少し惜しい気持ちになりました。

でも売るしかないので手続きをして売りに出した所、日本でコロナがまん延し始めたのです。

2020年の2月です。

コロナが初めて日本に来て今以上に不安と恐怖で、皆が移動や接触を避ける人が多くなり始めている時だったので、売れなかったらどうしようという不安でいっぱいでした。

売れなければローンと家賃のダブル出費が続いてしまう!と思っていましたが、ありがたい事にわりと早い段階で無事に購入して頂けました。

沢山の不動産屋さんが来てくれる為どこに頼んで良いかわからなかったので、直観で”この人にお願いしたい”という方にお願いをした所、スムーズに売却ができたので良かったです。

働きながらのマンション売却と2件分の引越し!! こなせるのか不安で13年動けなかったのに、動き始めたらあっという間でした。

母は。

私達は団地に約1年半住み、そして高知に移住してきました。

夫は母に、高知に一緒に!!と声をかけましたが母は行かないという決断をし、今でも団地で暮らしています。

まったく1人だったら母を残したまま移住は難しかったかもしれないと思いますが、今は夫の兄夫婦が同市内に住んでいます。

同居をした事はマイナスな面ばかりではなく、自分の成長にも繋がり良い経験だったと思っています。そしてマンション売却もこの先する事は無いと思うので、一生に一度の良い経験でした。

今カレー屋さんをやっている私達があるのは、関わってもらった数え切れない位の人達に助けられてきたからだと思っています。もちろん、高知に来てからも含めて。

感謝の気持ちでいっぱいです!!

今回はこの辺りで終わりにしたいと思います。

読んで頂いてありがとうございました。 次回も是非読んで頂けたら嬉しいです。

KUMAちゃんカレー高知県(飲食業)

当店は、無添加・グルテンフリーのスパイスカレーを作っています。
食品添加物を使用しないのはもちろん、食品添加物表示のある材料も使用していません。
また、できるだけ地元の新鮮な食材や有機の食材を使うように心がけています。

当店が生まれたきっかけは、食改善によって夫が13年間悩んでいた"肌のただれ" と"食後の腹痛"が治った事です。

病院へ行き飲み薬や塗り薬をもらってきましたが、何をしても治りませんでした。

そんな時、友人からファスティングの話を聞き、色々な事を調べていくうちに、無添加・グルテンフリー生活に行き着きました。

食改善を始めて半年位でお腹を下す事がなくなり、1年位すると常にケロイド状態だった皮膚がキレイになり、6年経った今では跡が見えなくなりました。

ただこの生活をしていると、安心して食べられる食材が中々売っていなく、特に外出の際は困り、ほぼ自炊になりました。

カレーもその1つで、売っていないなら自分で作るしかないと、ゆで卵ぐらいしか料理?をしたい事がない夫が、1からスパイスカレーを作り始めました。
約2年試行錯誤で今の基礎となっているカレーが出来上がり、店をオープン。
1年経った今でも日々、味、安全、価格を追求して進化しています。

多くの方に、この味と安全にこだわったスパイスカレーを召し上がって頂きたいと思っています。

お中元