昆布の効能について

美と健康に効く昆布のチカラ

昆布は料理をおいしくするだけでなく、便秘解消やダイエット、美容にも役立つアンチエイジング食材です。 美と健康に効く成分がたっぷり詰まった昆布の5つのチカラをご紹介します。

1. 昆布で腸活美人に

昆布には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類の食物繊維が豊富に含まれています。 昆布を加熱したときに出るネバネバ成分の水溶性食物繊維「アルギン酸」は腸内細菌のエサに、不溶性食物繊維は腸のお掃除役に。 ダブルの食物繊維パワーで腸内環境を整え、便秘解消に役立ってくれます。

2. むくみにくい体に

昆布には、水分の巡りを良くするミネラル「カリウム」が野菜や芋並みに豊富に含まれており、血圧上昇の防止やむくみ解消に効果的だと考えられています。

3. 免疫力アップを手助け

昆布の成長に必要なエネルギー源として蓄えられている糖の一種「ラミナン」 このラミナンが大腸の免疫系に働きかけて腸内細菌のバランスを整え、病気の炎症を抑える免疫細胞を増やす手助けをしてくれます。

4. 過食を防いでおいしく減塩

昆布の中に含まれるうまみ成分「グルタミン酸」 なんと身近な食材の中では、昆布がダントツに含有量が多いんです。 このグルタミン酸は、胃に働きかけて胃腸の働きを良くすると同時に過食を防いでくれます。 さらに、うまみを感じることで無理なく減塩することができます。

5. 脂肪を排出!

昆布のネバネバ成分「水溶性食物繊維」 出しにたっぷりと含まれている甘み成分「マンニトール」 昆布の光合成に必要な脂溶性の色素成分「フコキサンチン」 この3つの成分が脂肪の吸収や合成を抑制し、内臓脂肪を減らす手助けをしてくれます。