大阪府
昆布の鳥居

お知らせ



良いこと尽くしの万能調味料「昆布酢」
2021/10/15

良いこと尽くしの万能調味料「昆布酢」

昆布もお酢も体に良いことは知られていますが、実際、昆布酢にはどんな効果があるのかご存知でしょうか?
その主な効果はなんと!5つもあるんだそうです!

効果その1:腸内環境を整える
昆布には、腸内環境を整える作用がある水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が豊富に含まれています。お酢にも消化液の分泌を促す効果があるため、昆布酢は消化器全般の健康に役立つんですね。

効果その2:内臓脂肪を減らす
昆布に含まれる食物繊維やネバネバ成分が内臓脂肪を排出!さらに、お酢が内臓脂肪を減少させ、血糖値の上昇も抑えてくれるんだとか!

効果その3:血圧や血糖値の上昇を抑制
お酢による血圧低下作用や血糖値上昇抑制作用に加え、昆布の食物繊維による塩分や糖分の吸収抑制が加わり、高血圧や糖尿病の予防に役立つそうです。

効果その4:免疫力アップに繋がる
昆布に含まれる多糖類ラミニンが大腸の免疫系に働きかけ、腸内細菌のバランスを整えて免疫細胞を増やしてくれるんです。

効果その5:骨粗しょう症を防ぐ
骨の健康にはカルシウムが不可欠!昆布にはカルシウムがたくさん含まれていますが、体に吸収されにくい成分なんだとか。このカルシウムがお酢の酢酸と結びつくと酢酸カルシウムに変化!体への吸収率がアップして、骨の健康を守ってくれます。


胃も旨味を感じている?!
2021/09/16

胃も旨味を感じている?!

昆布に豊富に含まれる旨味成分「グルタミン酸」
口の中に入ることで「うまみ」として感じますが、その作用は口の中だけに止まらないんです。
なんと!胃の粘膜には、グルタミン酸にしか反応しないセンサーがあることが発見されました!!

胃がグルタミン酸を感知すると...
①消化液を分泌して胃の働きを活発にさせる
②胃腸を保護する粘膜の分泌を促進させ、胃もたれを防ぐ
③腸も元気になり、消化吸収が良好に
④脳に「食べ物を食べた」という信号を送るとともに、体に必要な栄養が入ると「食べるのを止めていいよ」という信号を送り、過食を防ぐ
といった作用があるんだとか。

食事制限では食生活を改善することが難しかったり、なかなか続かなかったりしますよね。
でも、旨味成分が豊富な昆布を積極的に食べることで「美味しい」でも「食べ過ぎない」さらに、無理なく「減塩」できるようになりますよ。


昆布の旨味を存分に味わう!昆布締めの作り方
2021/08/17

昆布の旨味を存分に味わう!昆布締めの作り方

「昆布締めって作るの難しそう...」「作ってみたいけど、作り方がわからない」という方もいらっしゃると思いますが、作り方は意外と簡単!お好きな白身魚を昆布で挟んで冷蔵庫で一晩寝かせるだけで良いんです!!
昆布の味と潮の香りが染み込んだ昆布締めは、昆布の旨味を存分に味わうことができる贅沢な一品です。


7月のおすすめレシピ
2021/07/20

7月のおすすめレシピ

昆布のうまみ成分「グルタミン酸」を最も良く引き出すためには、60℃のお湯に60分浸けておくのが良いとされています。
これに近い方法で出しをとっている料亭もあるようですが、一般家庭でするには、なかなかハードルが高いですよね....。
また、出しをとる際のお湯の温度が高くなると、粘りや磯臭さが出てきてしまうんだとか!!
そんな時、失敗なく手軽で美味しい昆布だしをとれる方法が「昆布水」
昆布を水に浸けておくだけだから簡単!!しかも美味しい昆布だしがとれるんです!!
これから暑くなる季節、お料理も手軽で簡単に作れるものがいいですよね。
ご家庭の冷蔵庫に「昆布水」を常備しておくのがとってもオススメです!!