無添加・無農薬こだわり生産者直売のオーガニックモール

野菜セット

1,080円~3,240円(税込)

マリポ農園が目指す野菜作りは“自然との調和”

大切にしているのは地球に対するリスペクトと人の幸せです。
人間が生きているだけで地球に負荷をかけています。
野菜作りも同じです。
せっかくこの世に生を受けたのだから、私たちも幸せに生きたい。
美味しい野菜だって食べたい。

どうしたら地球の仲間入りできる?

人工的に耕した畑でどうしたら環境に負荷を少なく野菜を栽培出来るか?
森のように「そこで育った木の葉っぱが落ちてまた循環する」という訳にはいきません。
野菜を収穫して外に持ち出すのですから。
でも、なんとかそれに近い形を作りたい。
いつも困った時には微生物に聞くことにしています。

マリポ農園と微生物

野菜を育てるためには、いい土が必要です。
いい土は微生物が作ります。
だから、私たちの畑では、微生物の住み処と餌を補充します。
化学合成された窒素・リン酸・カリは必要ありません。
微生物が死んでしまうので、農薬は使いません。
もちろん除草剤は論外です。
マリポ農園では、籾殻と籾殻を炭にした籾殻くん炭をよく使います。
微生物の住み処になります。
そして、マリポ発酵ラボで製造販売している「テンペ」を作る時に出る大豆の煮汁を捨ててしまわずに、農園から採取した乳酸菌で発酵させた液をいろいろな用途で使っています。
市販されている菌は使いません。うちの畑にあった子はそこで生まれた子だと思っているからです。
その乳酸菌で発酵させた米糠の「ボカシ」は本当にいい香りです。
このボカシで野菜の残渣も堆肥化します。

木を分解できるのはキノコだけ

マリポ農園の主力である「きくらげ」の栽培で使用し終わった廃菌床は、カブトムシの幼虫が素晴らしい堆肥に変えてくれます。
きのこの分解物をまた幼虫が分解する。
それを畑に加えると、微生物はさらに植物が吸収しやすい形に分解してくれる。
そうやってマリポ農園の野菜はすくすく育つのです。

捨てるものが何もない

マリポ農園は全てが循環しています。 なんとか農法とか、そんなたいそうなものはありません。
でも、ずっと続けられる農法です。 安心して野菜をお求めください。
求めてくれる方がいる限りずっと作り続けられるやり方です。 微生物の力を借りながら。

初夏野菜セット内容

・島オクラ
・万願寺とうがらし
・モロヘイヤ
・空心菜
・パクチー(根付き)
・紫蘇の実
・1球にんにく

◎収穫のタイミングにより良い状態のお野菜を中心に収穫していきます。 夏のお野菜もあともう少し。

私たちの紹介

マリポ農園千葉県(農業 加工品)

マリポ農園は千葉県君津市の清和という山間部で、3つのキーワードをもとにこだわりの農産物とその加工品を生産しています。
【harmony】 ここには、猿や猪をはじめ沢山の野生動物がいます。人間にとって都合の悪い虫や草、微生物も沢山います。でも彼らと共存する方法を毎日模索しています。「全滅させない」そして「やられてもやり返さない」。
【biodiversity】 マリポ農園では微生物などの多様性を最重視しています。多様性こそが最も強い環境を作ることを知っているからです。
【mottainai】 規格外野菜や通常捨てられてしまう部分を使った加工品の開発にも力を入れています。
これらのキーワードを意識しながら、力強く美味しい野菜と私たちが心身ともに健康な毎日を過ごす助けになるような機能性食品をより多くの方にお届けできるように努めています。

野菜セット
1,080円