無添加・無農薬こだわり生産者直売のオーガニックモール

平飼いたまご(有精卵)

900円~1,001円(税込)

小谷村の平飼い有精卵

小谷村で、のびのびと育つニワトリたちが産んだ卵です。
一羽ずつ区切られるゲージ飼いではなく、自由に動き回れる平飼いです。
エサは、配合飼料をできるだけ使わず、小谷村の食材を自家配合し、発酵飼料にして与えています。
材料は主に小谷産の米と米ぬか、地元の地ビール粕、そしてふたつき農園の畑で採れた野菜などです。

ヒヨコからの飼育

ふたつき農園では、ひよこを育てるところから始めています。
ふたつき農園で育てている品種は、採卵用に品種改良されたあずさという品種です。
毎年初夏にひよこを迎え、生後二週間頃から、ひよこ用に自家配合した発酵飼料を与えています。
小さいうちは、ちょっとした温度変化ですぐに弱ってしまいます。獣にも狙われやすいので、毎日のこまめな世話や様子見が欠かせません。とっても気を遣うのですが、手の上でうとうと寝てしまうほど私たちに慣れてくれます。

たくさん気を使いますが、ストレスなく育ってくれています。

こうして大きくなったニワトリたち。毎日元気に卵を産んでもらえるよう、健康状態には何よりも気を遣います。
食べ残しの状況や食べるスピード、産卵状況、卵の味、食感、匂い、排泄物の様子等、健康状態を総合的に見て、エサに混ぜる穀物やタンパク質の比率をこまめに調整しています。

鶏舎には、もみがらと、山からとってきた落ち葉を敷いて、地面が穏やかに発酵するようにしています。その事により、鶏舎は嫌な匂いが殆どなく、ふかふかの地面です。ニワトリたちは地面を掘り、砂浴びができる環境で、自由に動き回っています。こうして、自然界のバランスに近づけるよう努力しています。

村でも大人気なんです。

こうして生まれた卵は、安心して食べられると、村内でも大人気。
地元の食材で育っていると、みんな知っているからです。
バス停の無人販売所やスーパーの直売コーナーで販売していますが、すぐに売り切れてしまうほどです。
採卵後は、ひとつひとつ丁寧に水洗いしてからパック詰めしています。
黄身は、自然な優しい黄色をしています。 コクがあるというよりは、あっさりしていて、毎日でも食べられる卵だと思っています。

追記:2020年4月27日現状

現在、コロナウイルスの影響により、自家製飼料用の地ビール粕などの材料が手に入りにくい状況となっております。 そのため、農協などの市販の配合飼料を併用して与えており、黄身の色が濃くなっています。 ご了承ください。

内容量10個入り
賞味期限

採卵日から20日

保存方法

冷蔵

私たちの紹介

ふたつき農園長野県(農業)

長野県の西北端に位置する小谷(おたり)村。北アルプスをのぞみ、昔ながらの古民家が多く残る村です。私たちはここで、小谷の自然・人・文化とともに歩むことを大切にしながら、平飼いでニワトリを育て、農薬・化学肥料を使わずに野菜を育てています。長い年月をかけて培われた里山文化を受け継ぎ、自然に寄り添い生きる。人が幸せに暮らし続けられるよう、農地を守り、人との繋がりを大事にした「農とともにある暮らし」を未来につなげていきたいと思っています。

平飼いたまご(有精卵)
900円