バルヤンナイクについて

神奈川の海の近くで無添加の自家製調味料やジャムなどを作っています

青パパ辛ディップを始めとした無添加の自家製調味料やジャムやお茶などを作っています。 15年程、古道具屋を併設したカフェを営んでおり、永く愛せるアジのある古いものなどを販売していました。 今はその経験を生かして美味しいモノ、楽しいモノを作っています。 店名は沖縄に暮らした事から、沖縄北部のやんばるの森で生きるヤンバルクイナからつけてみました。

前のお店を閉店後に移り住んだ美味しいものが溢れる台湾や、独自の文化や食、自然や芸術が深い沖縄、今住んでいる横須賀、葉山、三浦などのゆかりのある場所の美味しい!も取り入れていきたいと思います。

無添加調味料を作るようになった理由

2005年から15年間東京でカフェ兼古道具屋を営んでおりましたが、2019年に美味しいモノを求めて台湾へ移り住みました。

1年半ほど滞在予定でしたが、新型コロナの流行で半年で、台湾から食文化に興味のある沖縄へ移り住みました。 沖縄の自然や独特な食文化に触れながら1年を過ごしました。 2022年に神奈川に拠点を移し、今までの経験を生かしてバルヤンナイクを始めます。 食べ物が好きで、これからもずっと食に携わっていたいという思いがあって始めたバルヤンナイク。 飲食店をやっている時から食品のパッケージの裏を見るようになっていたのですが、なぜ添加物がたくさん入っているほど安いのかなど疑問を持ちました。 だんだんと無添加の物に興味を持っていき、自分たちの手で調味料などを作るようになって、食品添加物が便利に使われる理由も分かって来ました。 添加物が入っているものは簡単に日持ちが長くなったり、安価で味にコクやトロミを出したりもできます。手間や時間をかけて、食材の力で美味しくしたい。安心して食べて頂けるものを作りたいと思いました。

これからも安心して美味しく食べられる、皆様に喜んで頂ける商品をお届けします

沖縄では食文化も独特で始めて食べる物もいっぱいありました。 その中でもイリチーやしりしりなどで良く食べられている青パパイヤ。 オリジナルのふんわり食感に仕上げた青パパイヤと島唐辛子を使った自家製のディップがイチオシです。

そんな私たちが感じた美味しい食文化を取り入れ、安心して食べられるものをお届けます。 皆様と一緒に美味しいものを作り、食について考える機会ができればと、将来的にはワークショップやキットも販売してみたいと考えております。 前にやっていたカフェはワンちゃんも入れるお店でした。一緒に来たワンちゃんにも楽しんで欲しいと作り始めた無添加のジャーキー。 大切なご家族でもあるワンちゃんにも美味しくて安心して食べられる商品を考えているのでお楽しみに! いろいろな食べ物を少しずつ吟味し、皆様に喜んで頂ける商品をお届け出来る様にこれからも前進したいと思います。