無添加・無農薬こだわり生産者直売のオーガニックモール

梅干し 無農薬・無肥料栽培

601円(税込)

自家製梅干し

年が明けた1月の下旬、梅の木の花芽がほころびはじめます。
あぁ、今年も豊作であってくださいとお願いします。
5月もGWもすぎる頃、大きくなった梅の実がポツリポツリと庭に転がりはじめます。 これが合図。
ここから我が家の梅干し作りがスタートします。

落果した時の衝撃で痛んでしまうのがいやで、木に登り丁寧に一つ一つ手でちぎり採っています。
少し水に浸し、自家製の釜炊き塩を19%になるようにはかり、常滑焼の甕に漬けています。

その後梅雨が明け、赤しそが大きくなる頃、畑から収穫し水洗いしたのち塩でアク抜きし梅干しの甕へ。
夏の土用の頃から干し始めます。お日様を浴びてじわーっと梅干しになっていきます。
三日間、お日様にしっかりと当たってもらって、最後の晩は夜露にしっとりとあてて甕に戻します。

簡単なようで、とってもとっても手間のかかる梅干し。
本当は何年も置いておくと、さらにいいものになります。もし余裕があれば、取り置いてみてください。
梅はうちの庭の木とお友達の梅の木から、赤しそはうちの畑から、塩は釜をお借りして自分たちで炊き上げたものを。
全てが自家製の梅干しになります。

農薬不使用
肥料不使用
原材料

梅、塩、紫蘇(全て自家製)

私たちの紹介

かえるすたいる鹿児島県(米)

私たちは生き物がたくさん生きられる田んぼを目指して、日々田んぼに向かっています。 その田んぼで育つ自慢のお米は、無肥料・無農薬、乾燥はハザかけ天日干し、タネは自家採種したものを使用し、稲の力を最大限に引き出すよう細やかな手作業で大切に大切に育ててきました。 鹿児島の太陽を浴びて、大隅半島の綺麗な水で育った自慢のお米を皆さまの食卓へお届けします。

梅干し 無農薬・無肥料栽培
601円