農業!たいこやについて

私たちが農業を始めたきっかけと農業への思い

今の時代に農業をはじめたいと思う人の多くは、無農薬での自立を目指すんではないでしょうか? そして周りからは、「無謀だ!」と言われながらも「そんな事は無い!絶対出来るはずだ!」と反対を押し切って突き進んでいく。 私達もそうでした(笑) 納得のいくものをお客様に届けたいですし、自分の毎日の食生活まで無農薬の農産物にできるなんて最高じゃないですか! そんな夢と希望に溢れた無農薬での農業は、始めてみると、噂通りの泥沼でした(笑) とにかくマトモなものができません。 あらゆる本を読みまくり、遠方まで教えをこいに飛んでいき、思いつく事はありとあらゆる事を試しましたが、うまく行かない。 農業が楽しくない。という限界ギリギリのところまで追い込まれました。 ただ地域のご縁で少しだけ作付けしていたお米が、たいした苦労もなく無農薬でつくる事ができ、しかも凄い美味しい! なんでだろう? 今までの苦労をずっと振り返ってみて、おぼろげに気付いてきた事は、私達はずっと地域環境という"大きな恵み"と戦っていたんじゃないか? という事でした。

どこそこで知った凄い農法であったり、 他の農家と違いを作れそうな作物であったり、 そんな手段や手法にこだわって、大切な"足もとの恵み"に目を向けていなかったんです。

どんな土質にも一長一短があり、生産に向き不向きな野菜があります。 私達の拠点である、神戸の風土や気候に合ったものを作る事が大切。 "適地適作"を心掛ければ、神戸という自環境然が、制限になるのでは無くて、大きな追い風になりながら、無農薬栽培が実現できます。

野菜作りも華やかな品目ばかりに目がいき失敗の連続でした。 そして作業性の悪い、重たい粘土質の土と、水環境が良すぎて、いっこうに乾かない土壌に不満ばかり持っていました。 でもそれは、裏を返せば土壌に、滋養成分が豊富という事で、 "ミネラルやビタミンをたっぷり含んだ最高の医食同源の野菜やお米が作れる" という事でもあります。

ほとんどの野菜は水はけの良い土を好みます。 ですが、水が大好きな野菜もたくさんあります。 例えば里芋は、どれだけ水があっても、その水を全部自分のカラダにできる程、光合成が得意な作物です。 そして土壌中のミネラルや栄養成分を半年以上かけて存分に取り込み、最高に美味しい滋養野菜に育ってくれます。 そういった、地域の条件が、味方になってくれる作物を選ぶ事が大切。

日中はむし暑いのに、朝晩は強烈に冷え込む谷地特有の気候も、お米を作ればとても美味しいお米に育ちます。 現に神戸は、お米と水の品質がとても大切な、日本酒の生産量が昔からダントツの日本一です。 地域の先達の皆さんは、六甲山に代表される良質の水源や、滋養たっぷりの土壌を昔から存分に活用されていたんですね。 勢いだけで闇雲に作ったはじめてのお米が、驚くほど美味しく育ってくれた理由が、今ならわかります(笑)

無理のない状況で、ゴキゲンに育った野菜やお米は、自分自身の魅力を最大限に発揮してくれ、味も栄養もバツグンです。 そして私達生産者も無理のない環境で栽培する方が、リスクもグッと減りますし、何よりも楽しい(笑) 結果生産量も増やす事が出来るので、お客様への安定した提供も可能になります。

与えられた環境と戦うのでは無くて、活かす事で、今まで制限になっていた事が、反対に追い風の"大きな恵み"になってくれる。 無農薬栽培の様々な失敗が、その事を教えてくれました。

地域の環境風土に助けてもらい 応援してくれる人達に支えられながら 出来る事を毎日コツコツと積み重ねて 食べていただける皆さんにも、 作っている私達生産者にも、 全ての人の元気の後押しになれるような野菜やお米を育てたい。

美味しい食べ物は笑顔が自然にでてきます。

私達は、世の中の笑顔を、もっともっと増やせるような、生産者になる事を、これからも目指します。

土や作物や水、虫や天候、環境と人も全てと調和した農業を目指して

現在、有機栽培も様々なスタイルができてきました。 無施肥に代表されるような極限まで手を加えないものから、土壌診断をベースに緻密に計算された栽培まで様々です。 健全な食べ物が、世の中に少しでも増えていくためには、層が厚くなるという事は、本当に心強い状況です。 その中で"農業!たいこや"のスタイルは作物や田んぼを信頼して、お任せするやり方をずっと追求しています。 ある意味、非常にズボラな栽培とも言えますので、私達生産者にとっても優しいやり方でもあります。 栽培方法に必死になっていた時には、環境が敵になっていました。 今は与えられた環境を、恵みと捉えて、味方になってもらう方法を考えるようにしています。 その為には土や作物や水、虫や天候など、様々な状況を、理解しようと、目一杯観察する事が大切になります。 すると信頼関係ができていきます。 信頼関係が出来てくると、田んぼや作物は私達のエネルギーを受け入れてくれ、農薬無しでも元気に、全てと調和するようになっていってくれます。 そして土地や人や、想いも含めた全てのエネルギーを取り入れて、作物は最終的に、お米や野菜という形で、私達に恵みを残してくれます。 皆様に、そのお米や野菜たちを楽しんでいただければ、私達にとってこれ以上の喜びはありません。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 農業!たいこやを、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。