クリスマス特集2022
いのちのおやさいfarmetteの自然共に生きる 農園日記
どんな風にお野菜が育っているのかご覧いただけます
2022/04/03

種さつまいもの伏せ込み

今年もさつまいも栽培スタートです

先日、ついに種さつまいもを温床に伏せ込みました!

この伏せ込みのやり方は92才の師匠から4年前に教わりました。 毎年このやり方でやっています。

手前に盛り上がっているのは、昨年のさつまいも温床の一年後の姿

何度も切り返してすっかり土になっています。

これを使います。

種さつまいもを並べて

(自家採取の種芋と2箇所の農家さんから分けていただいた種芋)

育ち方の差が見れたら面白いなと思いわかる様に仕切りもしました。

覆土して、

籾殻を乗せ、

発芽するまで保温する為の稲藁をのせて、

温床の温かさをキープする為にビニールトンネルをかけて伏せ込み完了です。

さつまいもは苗を育てて、育った苗を畑に植え付けて育てるタイプのお野菜、

この中で苗を育てます。

苗が育つのは1ヶ月半〜2ヶ月後、

5月の下旬〜6月には元気な苗が育つと思います! 次はその苗を摘んで畑に植え付けます。

育った苗の植え付けは、農園で行っているリアル体験型イベント いのちの教室(Eat Life Project) https://www.instagram.com/inochi_field_class にて体験していただけます☺

いのちのおやさいfarmette神奈川県(農業)

神奈川県藤沢市にて無農薬でオーガニックおやさいを育て7年目になります

お料理は種を蒔くところから始まる

「美味しいものを育てる!食べる!食べていただく!」という想いがモチベーションです

就農から5年間は、不耕起栽培・農薬不使用・肥料不使用・無除草の自然農法の在り方でお野菜を育ていました
すべての経験を経て、現在はその畑やその時の天候に合わせて「お野菜がいちばん気持ちよく育つ環境」を選び栽培しています
不耕起の畑もありますし、耕運する畑、土壌改良をするところ、マルチなどの資材も使用することもあります

私たちは畑で育つおやさいを「いのちのおやさい」と呼んでいます

自然農法を続けた間に、お野菜は虫や微生物などのたくさんのいのちと共に育つことを日々の畑仕事の中で発見しました

そうして育ったお野菜の〝いのち〟は食べる私達の〝いのち〟になることを感じ
畑で採れるお野菜をいつしか「いのちのおやさい」と呼んでいました

この美味しいおやさいを食べていただけましたら幸いです

rumijamクーポンバナー