無添加・無農薬こだわり生産者直売のオーガニックモール
hocolovüの日々のこと
2018/12/09

マフィン

焼き菓子hocolovüのお菓子は、クッキーなどの焼き菓子とマフィンです。 マフィンはもともとイギリスでよく食べていたお菓子ですが、日本では近所で買えるお店がなかったため自分でも焼き始めました。 「マフィンはとても自由なお菓子」。 組み合わせる食材によってまったく違うものになるので、わたしは季節ごとの食材を使ってマフィンを焼くようにしています。 夏にはブルーベリーやハーブ、トウモロコシ、トマト、秋には栗やさつまいも、冬には春菊や金柑など、その時々で手に入る食材を使って考えるのはとても楽しいものです。

月に一度出店しているオーガニックマルシェでも、よくお客さんから「食材の組み合わせが面白い!」といわれます。乳製品や卵を使っていないので、どうしたらふわふわしっとりのマフィンができるか試行錯誤しました。小麦粉や豆乳の配分を変えたり、マフィンに合う小麦粉を探したりして、やっと今のレシピに落ち着きました。大きめサイズなので、朝食にもぴったりです。今月は紅玉とカモミール、シュトレン風など、冬ならではのマフィンを焼いています。

hocolovü熊本県(焼き菓子&ストックフーズ)

hocolovüの焼き菓子は、身体に負担が少ない植物性の素材から作るお菓子です。乳製品や卵・白砂糖を使用しない、素朴ながらも食べてほっとするお菓子を作りたいと思っています。なるべくオーガニックな素材を使用し、時には旬の野菜や果物なども。自然に恵まれた熊本・天草より、『日々をほんのちょっとだけ潤す』お菓子をお届けします。