無添加・無農薬こだわり生産者直売のオーガニックモール
hocolovüの日々のこと
2018/11/09

粉がおいしいとお菓子はおいしい

「お菓子のおいしさはどうやって決まるんだろう?」 これはいつも考えていることです。 そしてやっぱり素材の持つおいしさがダイレクトにお菓子に反映されると感じています。

今年の夏、以前から使用していた国産小麦粉を熊本県産無農薬栽培の小麦粉に変えました。 お菓子の価格が上がることを心配してなかなか踏み切れなかったのですが、 ちょっとしたご縁があり小麦農家さんを紹介してもらったことがきっかけでした。 試しに使ってみたところ、お菓子の味が変わったのを感じたのです。 乳製品や卵を使用しないお菓子では、特に粉のおいしさが大切だと思っています。 この粉で焼いたお菓子には、なんとなくバターのような深いコクを感じました。

たとえ無農薬栽培されたものでも、おいしくなければ使おうとは思いません。 つい頭で考えて、無農薬だからいい、農薬を使っているものはダメと決めつけてしまいがちですが、 hocolovüのお菓子では生産者さんが愛情こめて作ったものであれば使わせてもらいたいと思っています。 生産を安定させて生計を立てていくためには、少量の農薬を使用する必要がある農家さんだっています。 その中でもできるだけオーガニックな素材を使用したいとは考えています。

話が逸れてしまいましたが、やっぱりお菓子の基本は小麦粉。 材料の大部分に使用する素材なので、おいしい小麦粉と出会えたことに感謝しています。

hocolovü熊本県(焼き菓子&ストックフーズ)

hocolovüの焼き菓子は、身体に負担が少ない植物性の素材から作るお菓子です。乳製品や卵・白砂糖を使用しない、素朴ながらも食べてほっとするお菓子を作りたいと思っています。なるべくオーガニックな素材を使用し、時には旬の野菜や果物なども。自然に恵まれた熊本・天草より、『日々をほんのちょっとだけ潤す』お菓子をお届けします。